2007年04月12日

100ドルPC OLPCの「Sugar OS」のLiveCD

One Laptop per Child途上国の子供達に100ドルでPCを提供できるようにするプロジェクト。

OLPCの「Sugar OS」にLiveCD版登場
LiveCDはCDbootで使うので気軽に始められます(インストールしないから)こちらからISOをダウンロードしてCDBURNソフトで焼きます。そのCDでブートすればOK。Bootしたら放置すれば勝手に起動します(少し時間掛りますけど)
このLiveCDによってOLPCのSugarOSを体験することができます。
基本はLinuxですので軽いのと安いのとOpenな開発が特徴なんでしょうね。

早速P3-850のノートでブートしてみました。CDの読み込みに時間が掛かると体感的に遅くなりますね。スクリーンショットは電話で撮ったので見にくいですご容赦下さい。
200704120.jpg
↑タスクメニューみたいなもの。最初ログイン時に名前を決めて、自分のアバターの配色を決めます。真ん中が自分で周りが起動中のアプリケーションみたいです。クイズタイムショックの表示板みたいなのにドンドン追加されてるのは、閉じ方が分からなかったので沢山開いています。スタートメニューは無くて、画面四隅にマウスを合わせるとフワッと周囲からメニューが出ます。
下にアプリケーション、上に画面切替?
200704121.jpg
↑windowsで言うところのpaintですね。
200704122.jpg
↑ゲームが入っていました。(^_^;
200704123.jpg
↑音や音楽を出すソフトのようですがよく分かりません。
200704124.jpg
↑スコアーのようになって作曲するソフトのようですが、再生できませんでした。画面が見切れて下まで見えていません。動物の鳴き声が出せるのですがこれで曲作ったら子供に受けそう。

ブラウザーのようなソフトもありましたが、Linux用のLANドライバーが入ってないからなのか、動きませんでした。(ドライバーや各種設定できる部分がグレーアウトしている模様で何もできませんでした。)
posted by HeavymooNj ログイン状態 at 2007年04月12日18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC&Device
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。